トップ / 整形外科の仕事の内容とは

整形外科の仕事内容

整形外科の仕事の内容とは

整形外科の仕事内容について

整形外科の仕事内容の特徴の1つは、来院する患者さんが老若男女を問わず幅広いと言う事です。老化現象による腰痛や肩こりから、関節リウマチ、スポーツ障害、骨の腫瘍(骨肉腫など)が主要疾患です。整形外科医の患者さんは、診察、レントゲンやMRIなどの検査、温熱療法などの治療、リハビリ、お薬、会計と、他の診療科の患者さんよりも院内をたくさん渡り歩くことが少なくありません。足や腰が痛いのを我慢しつつ歩かなければならないケースも多いです。病院に入ってから出るまでの間効率よく回れるように配慮することも仕事内容の1つです。

整形外科の仕事内容は

整形外科は、骨や軟骨、筋肉、靭帯、神経などの運動器官を治療する科です。様々な検査や医療行為もありますが、一般的な仕事内容のレントゲンや採血、注射、そして点滴といったものも行います。中でも特に特徴的なのが、骨折した患者のギプス固定の交換、包帯交換、牽引療法でギプス固定の交換や牽引の管理といった仕事内容は整形外科以外ではすることは少ないでしょう。内科や外科と違って、骨折など患者が主なので、回復すれば患者さんの回復具合を医師自らの目で見る事ができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師を基礎から考える. All rights reserved.