トップ / 医師に役立つ英会話とは

医師の英会話について

医師に役立つ英会話とは

医師における英会話の重要性

医師の場合、様々な患者を相手に診察を行いますが、十分なコミュニケーションを図ることで正確な診断につながります。その際に役立つのが英会話で、日本語が話せない外国人を診察する場合でも症状をしっかりと把握できます。また、スムーズに会話が成立するため、診察を受ける外国人にとっても非常に安心感があります。近年では、外国人観光客の増加に伴って医療機関を受診する外国人も増加傾向となっているため、医師における英会話の重要性が高まっています。また、英語による診察を行うことで、外国人から信頼を集めることもできます。

医師は英会話をこなせる

英会話は実践を繰り返して習得できるので、もともとの学力が高い医師であろうとも継続的な努力を要すると考えるのは一般論です。語彙力を増強して実用に耐えられる能力を備えるまでの道のりが長いのは、あくまでも一般的な現代人に限っての話です。応用的な学びを提供する教育機関に入学するために外国語の勉強を頑張り、免許を交付されてからも世界中の文献を読んで勉強する医師は簡易的な英会話であればできます。日常が外国語学習に直結するからです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師を基礎から考える. All rights reserved.