トップ / 医師の節税の仕方とは

医師の節税について

医師の節税の仕方とは

医師こそ節税すべき職業

医療関係の職業に従事されている方は比較的高所得の場合が多く、また特に医師になるとかなりの収入を得ていることが予想されます。その分納税されている額も大変高いことが予想されますが、節税について国で定めているからといって諦めてはいないでしょうか。高納税者の方だからこそ、節税に対して意識を高く持つべきだと思います。こちらでは、そんな合法的な税金対策をご紹介致します。医師方にこそぜひ、知っておいて頂きたい情報です。

医師の節税方法を進め

税金を払うのは国民の基本的な義務ですから、脱税するのは法律的に許せません。税金を節約するのは問題がありません。医師の給料は勤務先の病院やクリニックから貰うから、サラリーマンと同じように給与所得控除を受けなければいけませんが、医師はどうやって節税しますか?この方法は自営業です。ごん存知のように、会社を作れば、事業に関連する経費を増やすと、税金を減らすことができます。医者ならば、医療関係で起業すれば、いい節税方法です。家族も手伝ってくれば、法人と個人の所得をうまく分配できます。法人は赤字が出ると、法人の所得税

↑PAGE TOP

© Copyright 医師を基礎から考える. All rights reserved.